CHECK

知ってると大違い!テント倉庫のスムーズな設置に役立つ情報を一挙に公開

テント倉庫の設置は一般的な住宅や建物よりも簡単であり、整地作業と簡易的な土台処理でも導入が可能になっております。
土地改良や地中への埋め込みなども最小限であり、倉庫内部に軽量な物を入れておくならばより簡潔な工事で短納期になるのです。
風を受けやすい場所では耐用年数が下がってしまいます。
従来工法の建物の後ろや、障害物などがある場所に導入するのがおすすめです。
また内部は熱がこもりやすいので、通風孔などで工夫が必要になります。

知ってると大違い!テント倉庫のスムーズな設置に役立つ情報を一挙に公開

テント倉庫の利点は短納期で低コスト、設置する土地に関する条件のハードルが高くないことです。
しかし特性を知らずに導入してしまうと後になって使いづらかったり、オプションの設備費用で一般住宅と変わらない費用になってしまいます。
テント倉庫はメンテナンスのために布部分への保護材の塗布や、定期的な交換が必要です。
また建物に使われる鉄骨は耐用年数が30年程度と言われております。
使用目的と耐用年数を計算して、導入しなければ撤去費用などを含めて高額になることもあるのです。

タイプによって異なるテント倉庫の構造

一般的な本建築に比べ、シンプルな構造と軽量素材を利用した「テント倉庫」は少人数で施工することが可能で人件費が抑えられることや、基礎工事のボリュームの削減と合理的な造りで済むことから建築費を安く抑えることができる特徴を持っています。
テント倉庫には用途や規模に応じて様々なタイプが選べ、種類ごとによって異なる造りをチェックすることも大切です。
例えば大型タイプは300㎡以上の床面積があり、大スパン構造で間柱を立てずに設計することができるので倉庫内に大きな機械を入れて資材や製品の保管を行ったり、倉庫内で組み立てを行いたい場合に向いています。
ジャバラハウスは、特殊工法を採用しており伸縮可能な造りとなっていることが特徴で長尺ものの溶接や塗装、組立に役立ちます。
多雪地域に向いている耐雪設計のものは、冬場の雪下ろしを行えない場合でも一定の積雪により自然に落下するように屋根勾配を設定した造りとなっていることが特徴です。

テント倉庫の一般的な工期をチェック

テント倉庫の一般的な工期は、およそ2ヶ月ほどとされています。
ただしこれはあくまで一般的なもので、環境や都合によっても異なる可能性があります。
他の倉庫を例に挙げるとシステム建築倉庫の場合は4ヶ月程度、プレハブ建築倉庫なら3ヶ月ほどがかかるでしょう。
様々な種類がある中でもテント倉庫は工期が短く、必要な時に素早く用意できるなどの魅力があります。
保管場所が欲しいが時間がかかるのは困るといった場合には、テント倉庫を選択するとスムーズに活用できるはずです。
テント倉庫を建てる際には現地確認から始まり、見積もりや契約、設計などを経て製造に入ります。
製造では必要な部品を揃え、最終的に施工に入るのが通常です。
施工開始から2ヶ月程度で完成するため、短い待ち時間で入手できるのがポイントです。
なお、工程や部品の用意によって期間はのびることもあるため、できるだけ早めに現地確認や見積もりなどを済ませることをおすすめします。

テント倉庫の建築確認申請における留意点

テント倉庫の面積が10㎡以上の建築物を設置する場合は、建築基準法により民間の検査機関などへの建築確認申請を行う必要があります。
テント倉庫も建築基準法上は通常の建物と同様な扱いとなるため、確認申請を検査機関に提出する必要があります。
確認申請書が不要と勘違いして10㎡以上のテント倉庫を設置していまったら、違法建築となり処罰や撤去の対象となりますので気を付けることが大切です。
テント倉庫を建築する計画がある場合には、検査機関に問い合わせをするなどし申請が必要か確認することが大事です。
建てられる方も建築基準法の知識を頭に入れておくことが必要です。
建築確認申請がいらない建物としては建築基準法第85条に書かれてますように、1非常災害時の応急仮設建築物、2災害時に建築する公益上必要な応急仮設建築物、3本建築物工事施工のための仮設建築物と書かれてあります。
気をつけなければならないことは、防火地域内に建築するものは適用されないとありますのでそれに該当する建物に関しては確認申請が不要な場合もあります。

保管する物品を考慮したテント倉庫の環境設定

安く物品保管ができる施設として人気のテント倉庫ですが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の倉庫と比較して厳しい環境になりやすいです。
そこで必要な環境設定は、温度と湿度です。
特に問題となりやすいのは夏場の高温であり、40℃以上になることは珍しくありません。
このような環境では作業員の命を脅かす危険があるため、対策をする必要があります。
具体的にはまずベンチレーターを設置して、熱気を外に逃がします。
さらに屋根上のスプリンクラーやスポットクーラーを使って内部の温度を下げます。
屋根にスプリンクラーを設置して内部の温度が下がるのは、気化熱の影響です。
他にも建設段階でテント倉庫の生地を2重にしたり、断熱素材を使ったりすることが可能です。
テント倉庫は鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりも環境設定が難しいものですが、さまざまな設備を利用することでリスクの低減が可能です。
どのような設備を設置するかは、保管する物品によりますから、テント倉庫の用途をはっきりさせることも重要です。

テント倉庫に関する情報サイト
テント倉庫の導入場所

テント倉庫の設置は一般的な住宅や建物よりも簡単であり、整地作業と簡易的な土台処理でも導入が可能になっております。土地改良や地中への埋め込みなども最小限であり、倉庫内部に軽量な物を入れておくならばより簡潔な工事で短納期になるのです。 風を受けやすい場所では耐用年数が下がってしまいます。従来工法の建物の後ろや、障害物などがある場所に導入するのがおすすめです。また内部は熱がこもりやすいので、通風孔などで工夫が必要になります。

Search